「我慢こそおしゃれ」を始めました

”おしゃれには我慢が伴うもの”という言葉を、昔どこかで聞きました。
私はこの言葉を季節の変わり目になると思い出します。
というのも、おしゃれな人は他人よりほんの少しだけ早く、季節のファッションを毎日の着こなしに取り入れているから。

例えば、秋です。
最近は九月に入っても暑い日が続く事が多いので、街行く人のほとんどは夏の名残そのままの服装なのですが、時折ふとすれ違う人が綺麗なボルドーのカーディガンを羽織っていたりするのを見るとハッとしてしまいます。
半袖でも団扇が欲しくなるような残暑の中でカーディガンは暑いに違いないのですが、そういう人は暑さなど感じていないかのように涼しげに歩いています。
他の人が「まだ暑い」「まだ寒い」と尻込みしていても、冬の初めにはいち早くブーツを、初夏には涼しげな半袖シャツをというように、少し我慢が必要なタイミングで新しい季節の着こなしを始める彼らはとても洗練されて見えます。
私も彼らをお手本にしておしゃれに近づこうと、この秋用に新しく買ったカーキ色の7分丈のカットシャツを着て出かけましたが、日差しが暑くて帰る頃には汗だくになっていました。
涼しげなおしゃれさん達を思うと、やっぱりにわかに憧れには近づけないのだなあと実感しつつ、今日も汗だくで無理して長袖を着ている私です。